Since 2004.11.5


by iiwi2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バランスに気をつけよう

MSN-Mainichi INTERACTIVE 家庭 暮らしWORLD・からだ百科:老化時計より。老化についてのちょっと気になる記事です。
老化の原因となる「主犯」は活性酸素だ。
皮膚や免疫系の細胞などの分裂回数には限界がある。物理的に寿命を決める“時計”がある
生体のリズムもある。象は約70年、ネズミは約3年が寿命だが、生涯の鼓動の数はともに約15億回でほぼ等しい。
この数字を利用して、寿命予測なんてのもありましたね。
遺伝子研究に使う線虫の排せつ回数は生涯に約3万回。人が1日1回排便して80歳まで生きると約3万回。生物の一生を左右する『絶対数』があるのかもしれません。
便秘気味なら長生き?
「老衰死というのは実はありません。医者が直接の死因を特定できないだけで、本当はみな病気で死んでいる。ネズミは大半白血病で死にます。人間だと昔は感染症。今はがんや生活習慣病ですが、人生百年時代が来たら別の病気が死因になるでしょう」
「老衰死」が「死因を特定できいないだけ」っていう意見は新鮮です。
では、長生きするにはどうすればいいのか、、
「ネズミの筋肉を調べると、普通にエサを食べたマウスでは老化とともにDNAが壊れ、エネルギー代謝も下がる。でもカロリー制限したマウスではそうした現象が見られません」。中年以降急に太りだした人なら、学生時代の体重に戻せばいいという。
と、ダイエットが効果的なんですって!。これまた意外でした。
100歳を超えて健康で活動的な『百寿者』は弱点がなく、全身がバランス良く老化しています。
っていうのは、納得です。何事もバランスってだいじなのかも、。
[PR]
by iiwi2 | 2005-09-09 00:40 | ひとこと