Since 2004.11.5


by iiwi2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

さて、問題です。

asahi.com: 不思議な微生物、藻食べて植物に大変身 名は「ハテナ」 - 社会
 光合成のもとを食べて植物に大変身――。緑藻の仲間を細胞内に取り込み、光合成能力を獲得する不思議な単細胞生物を、筑波大の岡本典子さんと井上勲教授が和歌山県と福岡県の砂浜で見つけた。「ハテナ」と名付けた。ハテナは、植物の祖先が太古に歩んだ進化の道筋を、再現しているとも考えられている。
おもしろい生き物ですねぇ!ぜひ、元記事を読んでみてください。
 一般の植物で光合成を担っている葉緑体は、太古には独立した藻類だったとの学説が有力。ハテナの発見は、植物の祖先が藻類を取り込んでいった様子をうかがわせるものだ。
共生藻を取り込んだか否かで細胞構造を柔軟に変化させるこうした生物がいるとは、だれも予想しなかった。画期的な発見だ。
藻を取り込む事で、自らも光合成するようになるんですよ。不思議ですねえ、。まだまだ、地球は不思議がいっぱいです、。「ハテナ」っていう名前も覚えやすくていいですね。クイズの問題になりそうです。(^^;;

MSN-Mainichi INTERACTIVE 今日の話題 謎の微生物ハテナ:筑波大の研究グループ、砂浜で発見
[PR]
by iiwi2 | 2005-10-14 23:45 | ひとこと