Since 2004.11.5


by iiwi2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「人類をあやつってきた最初の力」

「どくとるマンボウ昆虫記」を読みました。
昨年、引っ越しの際、たくさんの本を売り払ったのだけれど、この本はその中の生き残りで、多分、兄が買ったのではないかと思います。文庫本ですっかり黄色くなって、中身も古く、初版は1961年発行。
北杜夫さんの本は初体験。エッセイなので、時代の古さはちょっとあれで、、語り口はたのしいので、北杜夫さんの別の著作も読みたくなります。「昆虫記」だから、虫嫌いの女子にはおすすめできそうにありませんが、好奇心がそそられて、おもしろいエッセイでした。

あんまり、虫を意識して見ていないからかもしれませんが、虫たちに出会う機会がめっきり減りましたねえ。最近、出会ったのは、蝉や、蚊や、ゴキブリ?あっ、チョウチョやトンボも見かけるなあ、。こっちが意識していないだけで、勝手に生きてるんでしょうね。

この本の書かれた時代に比べると、今はだいぶ変わっているけれど、昆虫たちはきっとおかまいなし?、で。花や鳥のような大きなところばかり見ていたけど、たまには昆虫図鑑を片手に、立ち止まって虫を探して見てみたいなあと思う、秋なのでした。

好奇心は「人類をあやつってきた最初の力」だそうです。

Amazon.co.jp: どくとるマンボウ昆虫記: 本: 北 杜夫
[PR]
by iiwi2 | 2006-09-26 21:45 | 日記